platform_logo

干場明日美インタビュー

らいふ:インプロ部Platform公演「その探偵の名、」役者インタビュー!!

    今回のお相手は、ポワロ編ドライプレイス役、干場明日美!!

    みんなからはあすみと呼ばれているよー(^ω^)とある稽古の帰り道を直撃!


らいふ:こんばんはー!明日美さん、荷物が重そうですねー!

あすみ:取材ですか!?困ります……(^o^)?
    これはー、たくさんの衣装です!


らいふ:全部衣装なんですか?


あすみ:ポワロ編のドライプレイス役だけではなく、
    ホームズ編でも別の役で出演があるので衣装が多いんですよ(^o^) ?


らいふ:いろいろな役をやるわけですね!
    中でも一番おすすめの役は!?


あすみ:お客様に一番観ていただきたいのは、やはり容疑者の一人として登場するドライプレイスです。


らいふ:役作りでこだわったところとか聞きたいです!


あすみ:彼女は被害者の部下という設定で、仕事は毎回変わりますが
    ドライプレイスという役に対しては女性らしさや従順というか、私が思う理想的な部下像をイメージして演じています。
    皆さんにも、こんな部下がいたら良いなと思っていただけたら……


らいふ:なんだか古風な女性といった印象を受けますね。


あすみ:女性らしさの表現には気を使っています。
    相づちや微笑み、物腰の柔らかさや言葉遣い等……

    ですが同僚の部下、シャッターインダブリュとは対等の関係性です。

    いくら物腰が柔らかくても仕事で遠慮などはありません!


らいふ:そんなドライプレイスを演じていて楽しい瞬間はどんな時ですか??


あすみ:あみくん演じるチープルックとじゅんき演じるシャッターインダブリュと三人で困難に立ち向かい、
    どうしよう!どうしよう!となっている瞬間がとても楽しいです!


らいふ:僕も稽古でその光景を見ていると楽しい気持ちになりますよ!
    では反対側キャストのヤス演じるゲスマンのことはどう思っていますか?


あすみ:すごくおもしろい!!
    彼は逆キャストなんだけど、生別も性格も違うから、
    私と全然違う表現方法で、毎回面白いなーと思っています!


らいふ:因みにやってみたい役とかありますか??


あすみ:メイド!!
    他人も自由でやってみたいけど、あ、今回はいないけれど娘とかやってみたい!!

    娘!!!


らいふ:息子ではなく娘というのも楽しそうですね!
    では最後に今公演の意気込みをお願いします!


あすみ:わたしの座右の銘は NO GUTS,NO GLORY,GO FOR IT根性なしに栄光無し

    この言葉を心に決めて演じています。

    私がインプロで大切にしているのは、わからないことにも臆せず飛び込むこと

    そして役者として大事にしているのは、その場で感じ、その場に生きること

    これを胸に私は舞台に立っています。

    ミステリー好きの私としては推理だけじゃなく、人間模様も濃密に描けたらなぁ、と。

    でももし自分が犯人になったら絶対に捕まらないんだから!!


らいふ:俺だって犯人になったら絶対に捕まらないんだから!!


それでは、今回はドライプレイス役、干場明日美さんのインタビューでした!
ありがとうございました!