platform_logo

津田康記インタビュー

こぱ:はーい!どーも!こぱです!本日僕がインタビューするのは!

   INNERSPACE所属の津田康記さん!

   巷では「下衆眼鏡」と呼ばれているらしい。。
   稽古場では皆にヤスって呼ばれてるよ!
   早速インタビューしていきましょー!

   まずは、出演のオファーを受けた時どう思いましたか?


ヤス:え、なんで!?俺なの!?って感じでビックリしました! !


こぱ:そんなにビックリしたの!?ウチらは結構前から狙ってたんだよー!

   そして、今回はゲスマンという役名なんですが
   どんな人なんですか?ゲスなんですか?


ヤス:全然ゲスじゃない!
   基本的には仕えてる人のために、忠誠を尽くす人です。
   普段の自分とは違うねぇ。


こぱ:普段のヤスはどんな感じなんですか?


ヤス:普段の自分は割と自分勝手ですね!


こぱ:ほほー!じゃあいつもとは結構ギャップがあるって事ですね。そこも注目して頂きたい!

   そのゲスマンは被害者の部下という役柄という事で。今回のように役が固定されてるインプロはやってみていかがですか?


ヤス:なんだろう最初は違和感があったけど、長期間役を持ったままインプロをするのは
   稽古を重ねても未だに新鮮ですね!
   たまにキャラが崩壊する事もありますが(笑)


こぱ:崩壊した時のゲスマンも気になるなぁー!
   そんなゲスマンのこういう所が好きって所を教えてください!


ヤス:人のために行動してhappyになれる所!


こぱ:素敵な人!僕の部下になってほしい!
   好きなエンダウメントはありますか?


ヤス:一番テンションがあがるのは協力者だね!
   自分の感情を他の容疑者に紛らせたり。
   人を騙す方向に動けるのが楽しいな。


こぱ:ゲスなんですか?


ヤス:ゲスですね。


こぱ:それでは最後にご覧頂くみなさまに見所を!


ヤス:一粒で二度おいしい公演となってます!
   ミステリーという方面の謎解きという軸はあるけど一本の何が起こるか分からないストーリー
   ファンタジーかもしれないし戦争かもしれない。恋愛かもしれないし日常的かもしれない。
   一粒で二度おいしい。二倍楽しめる公演になってるので皆様お楽しみに!


こぱ:ありがとうございました!ゲスマン役の津田康記さんにお話を伺いましたー!!果たして彼はゲスなのか!?

   劇場で確かめてみてね!!お楽しみにー!